ロイヤルパープル(ROYAL PURPLE)のエンジンオイル性能と評判

日本ではあまり目にすることのないロイヤルパープル(ROYAL PURPLE)のエンジンオイルですが、エンジンオイルだけでなく、工業用オイルとして世界各国で知名度を誇っています。またアメリカ発祥のドラッグレースでも使用されるなど、その人気は非常に高いものです。

そして人々を惹きつける魅力は、他社にはない独自の技術があるからにほかなりません。ロイヤルパープル(ROYAL PURPLE)のエンジンオイルだけが持つ高度な添加剤技術とは一体どんなものなのでしょうか?その性能を詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

ロイヤルパープル(ROYAL PURPLE)のエンジンオイルとは?

1986年アメリカ・テキサス州・ヒューストンで創業された「ロイヤルパープル社」は潤滑油業界のエキスパート数人で作り出されたものです。工業用をはじめ、鉄道、自動車、モータースポーツ、マリンなどさまざまな業界で信頼を得るまでに成長してきました。

ロイヤルパープル(ROYAL PURPLE)が絶大なる信頼を得ている理由

クリーンであること

実験や試験で汚染や細菌が混入してしまうコンタミネーションをコントロールすることで製品を徹底管理することに成功しています。

ドライであること

エンジン内の水分は潤滑油の圧縮性を低下させるだけでなく、スラッジの原因にもなるものです。ロイヤルパープルのベースオイルにはPAO(ポリーアルファーオレフィン)を主成分としているため、水分分離性に優れています。

PAO(ポリーアルファーオレフィン)はドライな状態を作り出し、エンジン内を最適な状態に保つことができると言い換えることができるでしょう。

寿命の長さ

潤滑油の酸化は摩擦を大きくするだけでなく、スラッジの発生を生み出します。ロイヤルパープルは独自の耐酸化添加剤が配合されているためエンジン内をクリーンに保ち、部品の寿命を延ばすことができるようになっています。

また、オイルの使用量を抑えられるだけでなく、廃油量も減少するなど目に見える使い心地の良さを感じることができるでしょう。

オイルとして考えると少し高価なものになりますが、ロイヤルパープル社ではオイルは「消耗品」ではなく「機械パーツのひとつ」と考えています。そのため、技術開発に対しコストがかかり高価なものになってしまうようです。

アメリカ国内では量販店でも購入することができる、メジャーな商品として親しまれています。しかし、残念ながら日本のショップなどで目にする機会は少ないのが現状です。

ロイヤルパープルのエンジンオイルの特徴と性能

エンジンオイルに求められる性能として「強度の高い油膜」「長期にわたって汚れないこと」「錆や腐食が起こりにくい」という3つがあります。これに対してロイヤルパープル社は合成添加剤「Synerlec(シナーレック)」を独自開発しました。

Synerlec(シナーレック)はエンジン内部の表面を油膜と化学反応膜で形成したオイルの膜で覆うことができる技術です。金属の表面とオイルを強力につなぐことができるため、油膜が強くなっています。

油膜を強くすることは粘度を上げることで解決しますが、エンジン部品の金属面が荒れている場合には粘度を上げることでは根本的な解決にはなりません。また十分な油膜を維持することさえ困難になってしまいます。

ところがSynerlec(シナーレック)は、いったん傷ついてしまった金属表面を滑らかに整えることができます。そして強靭な油膜を再形成させることに成功しました。これは他のオイルメーカーには真似することのできないテクノロジーです。

またSynerlec(シナーレック)の中には研磨剤となる「マイクロポリッシュ」も含まれており、常にエンジン内部品を滑らかに保つことが可能になりました。

その他には、

  • 防錆製と耐腐食性が優れている
  • 粘度指数が高い
  • 泡立ち性が良い
  • シール材との相性が良い
  • 流動点が低い
  • 溶解度が高い
  • 環境負荷が低い

などの特徴を持っていることからエンジン性能を引き出すメカニカルノイズや振動の低下、パワーやトルク感、レスポンスの向上を体感することができるでしょう。

清浄性の強さも顕著に表れるため、最初にオイルを入れると今までに蓄積されたスラッジを除去するために通常よりも早く汚れる可能性があります。

連続で使用することですべてのスラッジが排出され、2~3度のオイル交換を経た後に本当のロイヤルパープルのエンジンオイルの性能を体感することができるでしょう。

ロイヤルパープルのエンジンオイルの評判

2020年「A-Cars」に掲載されている記事にはエンジンオイル、ATオイル、デフオイルをロイヤルパープルエンジンオイルに交換した際に、シャシーダイナモで計測したデータが掲載されています。その結果として25馬力アップにつながりました。

ロイヤルパープルのエンジンオイルは、馬力がアップするチューニングパーツのひとつと紹介されています。

そのほか、使用したことのある人からは「エンジン音が小さくなり、走りこむほどに回りの良さを体感することができました。」という声や「滑らかなフィーリングがオイル交換以後長く続いたことに驚いています。」というものもありました。

軽自動車に使用している人からは「燃費の向上がわずかながらに感じられた。」という声や、「乗り心地が良くなり快適性が増した」という意見もあります。

ロイヤルパープルと他社のエンジンオイルの違い

エステル系合成油とロイヤルパープルのエンジンオイルが使用する独自開発したPAO(ポリーアルファーオレフィン)製品の大きな違いは、耐摩耗性、高温安定性、清浄性において高くなっている点にあります。

また水分に対する抗乳化性においても優れているため、車両を長期間放置したことで起こす「ドライスタート」の現象をおこしにくく、エンジンの始動えおスムーズに行うことができます。金属の表面に長時間維持する性能が高くなっていると言い換えることができるでしょう。

スポンサーリンク

ロイヤルパープルのエンジンオイルの種類と性能

それでは気になるラインアップをご紹介していきましょう。

HPS

価格

粘度

容量

参考価格

5W-20

1-Qt

2,800

5W-30

1-Qt

2,800

10W-40

1-Qt

2,800

20W-50

1-Qt

2,800

性能

HPSは高性能エンジンのほかチューニングされたエンジンでも最大限の性能を発揮することができます。ロイヤルパープルのエンジンオイルの中ではスタンダードなエンジンオイルです。

鉛とリンの耐摩耗添加剤とSynerlec(シナーレック)によって強化されることで、強靭な油膜によって、 エンジンの摩耗だけでなくエンジンの熱も削減し寿命を伸ばすことがでます。またピストンリングやシリンダーが滑らかになることで、馬力とトルクの最大化が望めるでしょう。

対乳化性が高いことでエンジンの寿命だけでなくオイルの寿命も伸ばし、ロングライフの実現が可能になりました。

エンジンのみならずパフォーマンスローラーリフター、高リフトフラットタペットカムシャフト、リフターなどのバルブトレインコンポーネントに対しても耐摩耗性を発揮します。

対応可能な車種は、軽自動車やハイブリッド、スポーツカーだけでなく高級輸入車までさまざまです。エンジン形式も直列、V型、ロータリー、ボクサーエンジン、ダウンサイジングターボまで対応します。

XPR

価格

粘度

容量

参考価格

0W-8

-Qt

4,150

0W-20

-Qt

4,150

0W-30

-Qt

4,150

10W-40

-Qt

4,150

20W-50

-Qt

4,150

10W-60

-Qt

4,150

性能

NASCAR、北米のドラッグレースNHRA、スプリントカーレースのWorld of Outlaws、地上最速を競う「スピードウィーク」が開催されるBonneville Salt Flatsなどさまざまなモータースポーツで使用されているレーシングオイルです。

エンジン始動時のフリクションロスを大幅に低減し、優れた防錆、腐食効果を発揮するため、パーツの寿命を伸ばすことができるでしょう。また油温が高温になっても最大限のパフォーマンスを引き出すことが可能です。

API-LICENSED MOTOR OIL

価格

粘度

容量

参考価格

0W-20

1-Qt

2,800

5W-30

1-Qt

2,800

5W-40

1-Qt

2,800

SAE50

1-Qt

2,800

性能

APIや ILSACなどのエンジンオイルライセンスの承認済オイルです。環境に配慮し、性能も損なうことはありません。GMが開発したdexos1のGEN2規格の6倍の摩耗保護性能と2倍の酸化耐性性能を実現しました。

添加剤技術の強化によってGM規格やILSAC規格のGF-5の両方を超える金属間接触防止性能が認められています。

摩擦係数が低いため燃料効率が最適化されるほか、特許を取得した耐摩耗添加剤の使用により排気ガスが触媒に与える有害な影響を最小限にとどめています。 

まとめ

ロイヤルパープルのエンジンオイルは、独自に開発されたSynerlec(シナーレック)により潤滑油業界でも他社には真似のできない特別な技術を持っています。

またエステル合成油ではなくPAO(ポリーアルファーオレフィン)を使用し、独自に合成したベースを使用することで金属表面に長時間にわたり被膜を維持させることを可能にしています。

ロイヤルパープル社はエンジンオイルを消耗品ではなく機械パーツの一つと考えた開発をするユニークなメーカです。先進的な技術が結集され、今もなお進化を続ける美しい紫色をしたオイルを体感してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事