一昔前のドライブレコーダーは一般向けではなく、事業用として使われることが多かったのですが、現在は一般的なものとなり、多くのメーカーが販売するようになりました。

今回は、ドライブレコーダーを販売している主要メーカーの一覧や、ドライブレコーダーの特徴、評判をまとめました。ドライブレコーダーを買おうと思っているけれど、どこのメーカーのものを買えばいいか迷っている方はぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの主要メーカー一覧

メーカー

特徴

ユピテル

様々な種類の製品を販売している。

SDカードを定期的にフォーマットする必要がある。

価格が安いものもある。

コムテック

様々な種類の製品を販売している。

日本国内で生産している機種が多い為、不良が少ない。

SDカードを定期的にフォーマットする必要が無い。

ケンウッド

ユピテル、コムテック程ではないが様々な製品を販売している。

中国、台湾での生産が基本の為、国内生産の製品と比べると初期不良や故障の可能性が高い。

セルスター

ユピテル、コムテック同様様々な製品を販売している。

日本国内で生産しているため、初期不良や故障率が低い。

価格が高い。

SDカードの定期的なフォーマットが必要。

パナソニック

製品の種類が少ない。

初期不良や故障は少なめ。

価格が高い。

パナソニックのカーナビと接続する事が出来る。

パイオニア
(カロッツェリア)

製品の種類は多め。

初期不良や故障が少ない。

SDカードの定期的なフォーマットが不要。

価格が高い。

トランセンド

製品の種類が少ない。

製品の当たり外れの差が大きい

SDカードのフォーマットが数ヶ月に一度必要。

エフ・アール・シー

製品の種類が少ない。

日本国内で生産している製品が多い為、初期不良や不具合が少ない。

価格が安い。

パパゴ

製品の種類は比較的多い。

製品の当たり外れがある。

価格は安く、性能も比較的良い。

SDカードの定期的なフォーマットが必要。

ユピテル

ユピテルは1970年に「ユピテル音楽工業株式会社」として設立されました。現在は「株式会社ユピテル」となり、東京都港区に本社があります。

設立当時は、会社名の通り音楽関係の製品を販売していて、1976年にはカセットアダプターP-20と言う製品を発売しています。その後は、レーダー探知機やカラーテレビ、電話機、トランシーバーなどの販売を行っていました。現在は主に車やバイクのドライブレコーダー、レーダー探知機や、ゴルフや自転車などのナビや速度計などの電気製品を販売しています。

ユピテルのドライブレコーダーの特徴

ユピテルのドライブレコーダーは前方のみ、前後撮影、360°撮影が出来る全方位モデル、夜間撮影強化モデル、リア専用モデルなど、様々な製品を出しています。

また、駐車監視機能、LED信号対応、HDR、WDR、GPS、WI-FI、スーパーキャパシタ(事故などで電源が喪失してしまった場合の予備電源)、安全運転支援機能などの便利なオプション機能も多く採用しています。

基本的な機能のみのモデルから高機能なモデルまで、様々な種類のドライブレコーダーを販売しているのも特徴となっています。

ユピテルのドライブレコーダーの口コミ・評判

ユピテルのドライブレコーダーは基本的にはカメラの性能、耐久性、機能、動作、全てにおいて高い評価を得ています。

しかし、製品の当たり外れの差が激しく、初期不良や、短期間での故障してしまうことも少なからずあります。機種によっても不良の起きやすさが変わっていますので、購入する際は事前にネットレビューなどを確認しておくのが良いでしょう。

また、日本製としていても生産国が中国だったと言うレビューもありますので、気になる方は事前にカー用品店などで生産国も調べておくようにしましょう。

その他、SDカードのフォーマット(初期化)を1~2週間毎に行わなければならず手間が掛かります。しかし、これは使用する機種やSDカードで大きく変わるようで、1年間一度もフォーマットを行わずに問題なく使用できている人もいれば、反対に1週間毎にフォーマットしなければ使えなくなってしまうという人もいます。基本的には1~2週間毎のフォーマットが必要と思っていたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

コムテック

株式会社コムテックは1985年に設立された会社で、本社は愛知県にあります。主に車用のドライブレコーダー、レーダー探知機、セキュリティなど車の電気機器を中心に販売しています。その他、自動車用の電子精密機器の開発、製造なども行っています。

コムテックのドライブレコーダーの特徴

コムテックのドライブレコーダーはユピテル同様、前方のみ、前後撮影、前方車内、360°撮影型と様々な商品を販売していて、オプション機能も駐車監視機能、LED信号対応、HDR、WDR、GPS、スーパーキャパシタ、安全運転支援機能など、様々なオプション機能があります。

また、コムテックの製品は日本製のものが多く、他メーカーよりも品質が高いのも特徴となっています。

コムテックのドライブレコーダーの口コミ・評判

コムテックのドライブレコーダーは画質や撮影範囲などの性能は問題ありませんが、映像を30秒毎に保存しているため、事故の瞬間に映像が途切れてしまう事があるので注意が必要です。

また、日本製のモデルは品質が良く、初期不良も少ないのですが、海外生産のモデルは初期不良が多くなっているため、日本製のモデルを選んでおくと安心です。

その他、安全運転支援機能は誤作動をしてしまう製品が多いので、安全運転支援機能を目的にコムテックのドライブレコーダーを購入するのは、あまりおすすめ出来ません。

ケンウッド

株式会社JVCケンウッドは1946年に「有限会社春日無線電気商会」として設立され、何度か社名が変わった後、2011年に「株式会社JVCケンウッド」と合併し現在の社名となりました。本社は現在、東京都となっています。

設立当時は社名の通り、無線機関係を製造していました。後に、携帯電話やコードレス電話、音楽のレコードなどの販売も行っていましたが、現在は車用のカーナビやカーオーディオ、ETCの他、オーディオ関係を中心に販売しています。

ケンウッドのドライブレコーダーの特徴

ケンウッドのドライブレコーダーの種類は、前方のみ、前後撮影型、前方車内、後方のみと、基本的なラインナップは揃っているため、選択に困る事は少ないです。また、機能面でも駐車監視機能、LED信号対応、HDR、GPS、WI-FI、スーパーキャパシタ、安全運転支援機能など、様々な機能があります。

その他、基本的にはSDカードの定期的なフォーマットをする必要が無いのも特徴となっています。

ケンウッドのドライブレコーダーの口コミ・評判

ケンウッドのドライブレコーダーも基本的にはカメラ性能、機能は充分で、昼夜問わずしっかりと撮影することが出来ます。また、イベント録画を行う場合はイベント録画開始時より前の12秒から、録画開始後15秒までを上書き禁止フォルダへと保存するようになっているため、事故の瞬間が撮れなかったということは無く安心です。

しかし、中国生産の製品が多々あり、初期不良や使用し始めて数ヶ月で故障してしまった、と言う報告もあります。

ケンウッドは中国以外に台湾での生産もしておりますので、ケンウッドのドライブレコーダーを購入する場合は中国生産のものではなく、台湾生産のものを購入しましょう。また、コムテック同様、安全運転支援機能は誤作動してしまう場合が多く、あまり期待は出来ません。

セルスター

セルスター工業株式会社は1978年に設立された会社で、本社は神奈川県となっています。主に車用のレーダー探知機やドライブレコーダー、インバーター、ポータブル電源などと、車関係の電気製品を中心に販売をしています。

セルスターのドライブレコーダーの特徴

セルスターのドライブレコーダーは様々な種類の製品があるのが特徴で、前方のみ、前後分離型、前後一体型、バックミラー型、セパレート型と多くの種類の製品を販売しています。

また、機能に関しても駐車監視機能、LED信号対応、HDR、GPS、タッチパネル、スーパーキャパシタ、安全運転支援機能など多くの機能がある為、特定の機能が無く困る事は無いでしょう。

そして、セルスターのドライブレコーダーの一番の特徴は、「日本生産」、「3年間保証付き」と言う点です。他メーカーでは日本で開発をしても生産は他国ということが多々あり、性能が良くとも不具合が多いメーカーもありますが、セルスターのドライブレコーダーは日本生産の為、初期不良などもかなり少なくなっています。

しかし、価格は海外生産の製品よりも高い傾向となっています。

セルスターのドライブレコーダーの口コミ・評判

セルスターのドライブレコーダーは他メーカーと違い、品質不良が少なく非常に安心して使用することが出来ます。しかし、性能は他メーカーと比較して画質が低く、動作もあまり早くないという評価になっています。

また、上でご紹介したメーカーと同じく、安全運転支援機能は誤作動が多いため、あまり期待は出来ません。

パナソニック

パナソニック株式会社は1935年に「松下電器産業株式会社」として設立されました。本社は大阪府となっています。

設立当時から電球用のソケットの販売をするなど、昔から電気製品をメインとして取り扱っていました。その後は自転車用のランプや、ラジオ、無線用トランシーバー、冷蔵庫、テレビ、オーディオなど、車関係以外にも様々な製品を取り扱っています。

また、カーナビや車載用のリチウムイオン電池、換気扇など、様々な業界で世界シェア1位となっている他、日本国内でも様々な家電製品のシェア1位となっています。

パナソニックのドライブレコーダーの特徴

パナソニックのドライブレコーダーは製品が少なく、前方のみ、前後撮影モデルしかありません。しかし、性能やオプション機能は他メーカーと比較しても劣る事は無く、駐車監視機能、LED信号対応、HDR、GPS、安全運転支援機能などが搭載されています。

その他、パナソニックのカーナビと連動させる事により、カーナビの画面で撮影した映像を見る事ができる機能もあります。

価格は他メーカーと比較して高い傾向となっています。

パナソニックのドライブレコーダーの口コミ・評判

パナソニックのドライブレコーダーは商品数こそ少ないものの、性能も悪くなく、初期不良なども比較的少なめとなっています。

価格は他メーカーよりも高くなっていますが、特別性能が良いわけではなく平均的な評価となっています。ただし、カーナビと接続できる機能は非常に便利で、カーナビの大きなモニターで映像を確認する事ができたりと評価も高い為、パナソニックのドライブレコーダー対応のカーナビを利用している方にはおすすめです。

パイオニア

パイオニア株式会社は1947年に「福音商会電気製作所」として設立されました。本社は東京都となっています。

設立当初は初の国産スピーカーを開発、販売を行い、その後もオーディオ関係を中心に販売をしていました。オーディオ関係以外にも、パソコンや携帯電話、パーソナル無線なども販売していましたが、現在はカーナビやカーオーディオ、サイクルコンピューター、PC用ドライブ、オーディオ関係などを中心に販売しています。

パイオニアのドライブレコーダーの特徴

パイオニアのドライブレコーダーは、前方のみ、前後撮影、小型カメラ型、セパレート型と基本的な種類は揃っています。また、オプション機能も、駐車監視機能、LED信号対応、HDR、WDR、GPS機能、WI-FI、安全運転支援機能など充実しています。

機種にもよりますが駐車監視機能はとてもよく、内臓バッテリーと車用のバッテリーを併用する事で長時間の駐車監視が出来るようになっています。

また、基本的にSDカードのフォーマットも必要ない為、手間となることがありません。

パイオニアのドライブレコーダーの口コミ・評判

パイオニアのドライブレコーダーは品質がよく、他メーカーでは良くある初期不良や故障が非常に少なくなっています。

また、WI-FI機能が付いているモデルでは、スマートフォンからアプリを通して映像が確認できる他、パイオニアが出しているPC専用ビューアーソフトも非常に使いやすくなっています。
価格は他メーカーよりも高い傾向ではありますが、信頼性は非常に高くなっています。

カロッツェリア

オーディオやカーナビで非常に有名なカロッツェリアですが、実はカロッツェリアと言うのはメーカー名ではなく、「パイオニアのカーナビ、カーオーディオの事業ブランド」なのです。

元々は1977年に「ロンサム・カーボーイ」と言うブランドが登場したのが始まりです。ロンサム・カーボーイのカーオーディオは非常に有名で、ロンサム・カーボーイのステッカーが流行した程でした。

その後、1986年にブランド名が変更され、今のカロッツェリアというブランド名となりました。当初はカーナビやカーオーディオを中心に販売していましたが、現在はドライブレコーダーやETCなども手掛けています。

トランセンド

トランセンドの正式名称は「トランセンドインフォメーション」となっていて、1988年に設立されました。本社は台湾にあり、その他にもアメリカ合衆国、ドイツ、オランダ、イギリス、日本、香港、中国、インド、韓国にも支社があります。また、日本法人では「トランセンドジャパン株式会社」という社名となっています。

設立当初は、プリンターのソフトウェアやセキュリティシステムを開発していましたが、後にPC用メモリーやUSBメモリーなども販売するようになりました。現在は、ドライブレコーダーの他、パソコンのHDDやUSBメモリー、ウェブカメラなど、パソコン部品を中心に販売しています。

トランセンドのドライブレコーダーの特徴

トランセンドは元々がPC関係を始まりとしている為、ドライブレコーダーは商品数が少なく。現在販売しているものは前方撮影型と前後一体型のドライブレコーダーしか取り扱っていません。

オプション機能に関しては、駐車監視機能、LED信号対応、WDR、GPS、WI-FI、安全運転支援機能と、一通りの機能は揃っていますので、通常の使用には問題ないレベルとなっています。

また、SDカードのフォーマットも必要ではありますが、他メーカーとは違い、数ヶ月に一度の頻度で済むため、あまり手間が掛かりません。

トランセンドのドライブレコーダーの口コミ・評判

トランセンドのドライブレコーダーは当たり外れが大きく、数年使用しても全く問題ないものもあれば購入後数日で壊れてしまったと言う事もありますので、購入する際は注意が必要です。
また、購入時に付いている吸盤タイプの取り付け具ではすぐに外れてしまうことが多いため、購入する際には別売りの両面テープ式の取り付け具を購入しておくのがおすすめです。

エフ・アール・シー

株式会社エフ・アール・シーは1991年に設立された会社で、本社所在地は東京都となっています。防犯カメラや無線機、放射能測定器、レーダー探知機など電気機器を中心に販売しています。

エフ・アール・シーのドライブレコーダーの特徴

エフ・アール・シーのドライブレコーダーは種類が少なく、前方撮影型、前後分離型のみとなっていますが、オプション機能は他メーカーに引けを取らず、駐車監視機能、LED信号対応、HDR、WDR、GPS、スーパーキャパシタ、安全運転支援機能があります。

しかし、GPS機能を利用する為には別売りのユニットを購入するしかない他、全体的に画角が低く、広い範囲の撮影には向きません。

品質に関しては、全ての製品を日本で生産している為、不具合は少なく、他メーカーと比べても故障率が低くなっています。また、他メーカーと比較すると価格が安いのも特徴の1つとなっています。

エフ・アール・シーのドライブレコーダーの口コミ・評判

エフ・アール・シーのドライブレコーダーは耐久性が高く、長い期間使用することが出来ます。また、不良などがあった場合の対応も早く、安心して使用することが出来ます。

製品の性能としては他メーカーよりも劣っている部分が多くなっていますが、価格が安く、コストパフォーマンスは良い為、「あまり性能は求めないけれど、とりあえず付けておきたい」と言う方にはおすすめです。

パパゴ

パパゴは2012年に設立された会社で、本社所在地は埼玉県となっています。歴史は浅いですが製品のメインをドライブレコーダーとしている上に、日本国内のみではなく海外での販売も行っています。この様にパパゴはドライブレコーダーに対し非常に力を入れているメーカーとなっています。

パパゴのドライブレコーダーの特徴

パパゴのドライブレコーダーは設立から間もないにも関わらず、前方撮影型、前後分離型、バックミラー型と比較的種類が多くなっています。また、オプション機能に関しても駐車監視機能、LED信号対応、HDR、WDR、GPS機能、スーパーキャパシタ、安全運転支援機能に対応しております。

日本国内だけではなく、海外でも販売している為、暑い場所から寒い場所まで、あらゆる環境でも正常に動作する事も特徴となっています。

パパゴのドライブレコーダーの口コミ・評判

パパゴのドライブレコーダーはコストパフォーマンスもそれほど悪くなく、性能や機能も良いのですが、当たり外れがあり、初期不良などが少々起きています。

また、状況によってはメーカー側の対応もあまり良いものではなく、ユーザー自身での対応を進められることもあるため注意が必要です。その他、使用している内臓バッテリーの寿命があまり長くなく、1~2年程度でだめになってしまうことが多いです。
性能や機能自体は悪くなく、コストパフォーマンスも比較的良いので、「とりあえず安いものが欲しい」と言う方にはおすすめです。

おすすめのドライブレコーダーのメーカーはココ!

以上が、ドライブレコーダーの主要メーカーの一覧、特徴、評判となります。

では、実際にどのメーカーがおすすめかと言いますと「セルスター」がおすすめとなっています。なぜなら、日本国内で生産しているメーカーの中で最も初期不良、故障率が低いためです。

ドライブレコーダーは画質などの性能も重要ですが、故障率も同じくらい重要です。万が一、ドライブレコーダーが故障してしまうと、事故の際に撮影出来なかったと言うこともありますし、修理をする場合も修理期間中の使用が出来ないという状況となってしまいますので、どこのメーカーにするか迷っていると言う場合は、信頼性の高いセルスターのドライブレコーダーを購入しましょう。

おすすめの記事