ガルフ(Gulf)のエンジンオイル性能と評判

ガルフ(Gulf)は、どのメーカーよりもいち早く化学合成油を製造し、レースへの参戦も幾度となく行ってきました。その根幹には「車が好きだから」という熱い思いがありました。

「ル・マン24時間レース」で名を馳せ、映画でも話題になったガルフ(Gulf)のエンジンオイルは今なお進化を遂げています。オイル創りに真摯に取り組むその姿勢は、ラインアップの数に現れているといえるでしょう。

まずはガルフ(Gulf)のエンジンオイルのことを理解するところから始めてみましょう。

スポンサーリンク

ガルフ(Gulf)のエンジンオイルとは?

1901年に創設されたガルフ(Gulf)の歴史は油田の発見から始まります。当時は自動車用のオイルを販売するアフターマーケットの市場はまだ未開発の時代でもありました。そのため、産業用としての潤滑油のメーカーとして急成長を遂げています。

今では当たり前になっている、ドライブイン型のサービスステーションを世界で初めて作り出したのはガルフ(Gulf)だったのです(1913年)。また、1953年にはすでに化学合成油PAOの製造を開始するなど、勢力的に活動の場を広げています。

第二次世界大戦から1960年代に石油輸出国機構(OPEC)が主導権をとるまでは、国際石油資本の「セブンスター」7社のひとつとして、石油マーケットを支配していました。しかし、1984年の第二次石油危機後に合併して「シェブロン」へと社名が変更されています。

社名は変更されていますがガルフ(Gulf)ブランドが無くなったわけではなく、現在も100ヶ国以上で潤滑油、燃料製品の供給とサービスを行っており、高い評価を得ています。

また、日本では1986年に「ガルフオイルジャパン」が設立され、1977年に「ゴトコ・ジャパン」へと移管されました。

日本国内でも「高品質な商品を良心的に市場に提供すること」を企業理念に掲げ、現在も展開しています。その結果日本市場に適した性能を付与した製品づくりで、幅広いユーザーに支持を得るまでになっています。

ガルフ(Gulf)のエンジンオイルの特徴と性能

化学合成油、部分合成油、鉱物油まで扱っており、車の進化と共に目的や性能に合わせたオイルを選択が可能です。

また、ガルフ(Gulf)が新開発したFCA(Friction Control Additive)は、ピストンリング部分周辺に必要な境界潤滑と、メタル部分の保護や潤滑に重要となる流体潤滑という異なる潤滑が必要な部分に効果を発揮します。

FCAはエンジンを始動時からすべての回転域で、エンジン内部のフリクションを軽減させることを可能にした、新技術を採用したものです。

100年に渡るモーターオイル開発の最先端を走り続けるガルフ(Gulf)ならではの大きな特徴として挙げられるものの中には、レーシングオイルを始めとする多彩なラインアップがあります。

スペシャルオイルの中には、1965年から発売され続けている「Gulf 911」は文字通りポルシェ専用のオイルです。ポルシェの誕生から年々進化を遂げていくポルシェのエンジンを究極まで追求して作り続けてきました。

そのほかには、ローバーミニクーパー、ランサーエボリューション、マツダ ロードスターなど特徴のあるエンジンを専用に開発しています。その結果、街乗りからサーキット走行までさまざまなシチュエーションでの使用を可能にしました。

ガルフ(Gulf)のエンジンオイルの評判

使用した人たちはどんな感想をもっているのでしょうか?

  • コストパフォーマンスが高く、その上性能が長持ちする
  • サーキット走行において添加剤の効果が無くなるといわれる120℃に達した後も油圧の持ちが良い
  • オイル交換をした後に感動した。そして使用していくと更に真価がわかりました。
  • 冬だからなのか高温側が硬めな気がする。タペットノイズが消えた。
  • ベースオイルの性能が高く、長時間高性能が持続するが、少し吹け上りが重い
  • POAベースにエステル、モリブデン添加剤などのブレンドは王道。粘度指数が高く温度変化による劣化が少なく、熱ダレしにくい。
  • エンジンの回り方がとてもスムーズ。引っ掛かりがなく低速でもトルク感あり。

多くの意見を目にしますが、どれも高評価です。コストパフォーマンスが良く、ガルフ(Gulf)の誠実な企業イメージも定着していることがうかがえました。

ガルフ(Gulf)と他社のエンジンオイルの違い

50年に渡るモータースポーツ参戦の歴史は、ほかのメーカーにはない財産です。その中でたくさんの歴史を刻んできました。1960年代には副社長自らモータースポーツ活動を始めるなど、車が好きだからこそ創ることのできるオイルなのです。

マクラーレンF1 GTR、アウディR8、アストンマーチンDBR9は2008年にル・マンでクラス優勝をするようなモンスターマシンの数々を支えています。

2019年のスポンサード(自動車)
  • WEC(世界耐久選手権)…最低6時間の耐久レース
  • SUPER GT…日本で開催される市販車改造の最高峰レース
  • PACIFIC RACING with GOOD SPEED(GT300クラス)
2019年のスポンサード(二輪車)
  • MotoGP(ロードレース世界選手権)…二輪ロードレースの最高峰のレース
  • ホンダ、ヤマハ、スズキ、アプリリア、ドゥカティ、KTMに供給

2019年のMotoGPでは『Aprila Racing Gresini(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)をスポンサードしていました。

そのほかに20年の歴史を持つイベント「ノスタルジックカーフェスティバル」への特別協賛をしています。このイベントは、国内外の旧車、、名車、絶版車などのノスタルジックカーにスポットを当て、パレードや走行会、コンテストなどを行うものです。

このようにさまざまなレース参戦や車に関わるイベントなどへの参加を続けているガルフ(Gulf)の

根幹は、車が好きだからという一言に尽きるでしょう。

世界にガルフ(Gulf)の名を知らしめるきっかけとなったのはル・マン24時間レースで、1968年、1969年にフォードGT40が2連覇を達成したことに始まります。その後1971年には、映画栄光のル・マンで一躍脚光を浴びることとなりました。

ガルフ(Gulf)ブランドを象徴するブルーにオレンジのストライプはガルフ(Gulf)カラーと呼ばれ世界的に有名なことはよく知られています。

長い歴史の中でさまざまな活動を通して、ガルフ(Gulf)にしか成し得ることのできない確固たるブランドが確立しています。これは、決して他社には真似のできない唯一無二のメーカーということができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ガルフ(Gulf)のエンジンオイルの種類と性能

数多いラインアップをひとつひとつご紹介していきましょう。

ガルフ ミラージュ 10W-60

価格

2,392円~3,321円(税込)/1L

性能

ガルフのフラッグシップモデルで、あらゆるテクノロジーを詰め込んだ100%化学合成油です。SEA粘度分類中で高温域であり、油膜の厚い60番ですが寒冷地にも適用する10Wの性質も持っています。

つまりマイナス40℃から150℃まで安定した油膜を供給することを可能にしています。一般走行時は滑らかで心地の良きレスポンスを、アクセルを踏み込むとエンジンの回転数に合わせてきれいに油膜が立ち上がるでしょう。

ガルフミラージュはエンジンを回す快感を与えてくれるオイルです。

ガルフ レーシングオイル 15W-50

価格

2,156円~2,545円(税込)/1L

性能

スポーツカー専用の100%化学合成油です。モータースポーツからチューンナップ車まで過酷な走行条件にある50番グレードに属しているため、150℃まで安定した油膜を確保することを可能にしました。

高温・高荷重にも抜群の潤滑性能を、長期に渡り発揮します。エンジン内部の摩耗を低減し、パワーアップしたエンジン性能を堪能してください。特にテーターボ車の高回転域において、ピックアップの良さは驚きです。

ガルフ ユーロスター 5W-40

価格

2,282円(税込)/1L

性能

ポルシェ、BMWなどの欧州車規格を超える性能を持つ全合成エンジンオイルです。欧州車のみならず米国、国産車にも使用でき、車種を選びません。

低温粘度は5Wなので冬の寒さにおいても、エンジン始動性は良好です。反対に真夏の高温時でも安定した油膜で、滑らかなエンジン回転を可能にしています。取分け低回転域からの立ち上がりの良さは、快感といえるでしょう。

ガルフ プロテック 10W-40

価格

1,760円~2,160円(税込)/1L

性能

手ごろな価格の部分合成油です。一般的で、使いやすさを追求した部分合成油ですが、欧州車規格を超える性能があります。ドイツのアウトバーンやフランスのオートルートで鍛え抜かれた高い耐久性には自信があるところです。

ガルフ プロテックはスポーツ性能とコストパフォーマンスを兼ね備えたプロ絶賛のオイルということができます。

ガルフ 911 15W-50

価格

2,525円~3,190円(税込)/1L

性能

文字通りポルシェ専用のオイルです。1965年に発売されて以来、ポルシェの進化と共にハイスペックに対するテクノロジーを駆使し、究極まで追求してきました。911のフラットシックスエンジンは、低重心でシンプル、そして軽量コンパクトな構造です。

それゆえにガルフ911は、慣性モーメントを小さくすることで、レッドゾーンまで伸びのあるフィーリングを得られるように開発しました。またフラットエンジンを搭載する問題点の解決にドライサンプ方式を採用しています。

そのため一般的なエンジンの2倍以上のオイルを圧送し、冷却潤滑していますが、熱による圧縮漏れ、オイル上がり、異常摩耗が発生しやすい状態になるのです。この問題を解決するためガルフ911は、ガソリン燃焼で発生する水分をPAOで防御し、Esterを基油にしています。

またせん断性に優れた特殊添加剤を使用することで、油膜の保護や油圧を安定させることを可能にしています。ガルフ911は、サーキットを速く走るために作られたポルシェを、爽快に走らせることができるオイルです。

ガルフ クラシックミニ 20W-50

価格

1,650円~1,925円(税込)/1

性能

ローバーミニクーパー1.3i専用にスペシャルブレンドしたオイルです。いわゆる旧車であるミニのエンジン構造は少し特異なものといえるでしょう。半世紀前の設計は鉄製の鋳物でシリンダーブロックが作られているために大きなものになっています。

スペースを確保するため、エンジンとミッションを2階建てに置き、オイルパンがギヤボックスを兼ねるという搭載方法です。この特殊なエンジンに対しガルフクラシックミニは、合成エステルと鉱物油をベースオイルにして完成させています。

エンジンとギヤボックスをオイルのみで潤滑させるミニには、ギヤを含むすべての機能に適し、温度差にも十分な粘度を確保することが重要でした。それを可能にしたものがガルフクラシックミニなのです。

ガルフ ハイブリッド 

価格

1,237円~1,779円(税込)/1L

性能

一般的な省燃費エンジンオイルに使用されているMo(有機モリブデン)は、油温が上昇しなければ省燃費性能を発揮することができません。

しかし車は1年を通して使用されるため、冬に暖気が完了するまでの燃費を改善するために、ガルフハイブリッドは流動点をマイナス45℃以下にセットしています。また2種類のVHVIベースオイルを採用している点も貢献している点といえるでしょう。

そのほかには、Moに加え特殊なモリブデンを配合し、全ての温度領域で安定した摩擦低減効果を発揮することに成功しています。

ハイブリッド特有のアイドリングストップは、エンジンに負荷のかかるドライスタートが問題点となります。そのたオイルが供給されていない間に油膜切れを起こすことのないように、ベースオイルに極性基を持つComplex Esterを採用しました。金属表面に吸着し金属の保護を可能にしています。

ガルフ フラット4&6 5W-50

価格

7,430円~8,250円(税込)/4.5L

性能

ボクサーエンジン専用、高性能オイルです。WRCで活躍するスバル同様、水平対向エンジンであるポルシェにもお奨めします。従来のPAO+エステルに加え特殊エステルを配合し、トリプルシンセティックを実現しています。

水平対向エンジン特有のショートストロークはピストンがシリンダーへの圧迫を起こすため、金属面の保護が不可欠になります。それを解消するために開発されたのが、トリプルシンセティックです。

競技用のスペックオイルは、低温流動氏と高温安定性に優れた究極のアクセルレスポンスをもたらします。ツインターボ特有のセカンダリーターボへ切り替える際のもたつきを緩和し、高回転域まで一気に吹け上るように開発しました。

レガシー、インプレッサ、フォレスターなどすべての水平対向エンジンを、安定させる究極のオイルということができるでしょう。

ガルフ ヴイテック 5W-30

価格

2,310円~2,545円(税込)/1L

性能

ホンダVTEC専用オイルです。従来のPAO+ Esterに特殊エステルを加えたトリプルシンセティックを配合しました。高回転性能だけでなく、低・中速性能にも力強さを感じるVTECならではの可変バルブリフト機構を確実に稼働させるためのオイルに仕上がっています。

精度の高いエンジンだけに、SEA30に対しレスポンスに優れた5Wグレードを合わせるという新たな試みの競技用オイルです。油圧で可変バルブタイミング機構を作動させるVTECは、高温域での粘度と安定性が重要になります。

ガルフVTECは油圧の安定性を維持するために粘度指数向上剤をブレンドした長寿命オイルです。そのほかには高温安定性、油膜強度、省燃費性においても優れた効果を発揮させることが期待できるでしょう。

ガルフ エボ 10W-50

価格

2,233円~2,545円(税込)/1L

性能

ランサーエボリューション4G63型エンジン専用にブレンドしたオイルです。4G63型はターボチャージャー付で超ロングストローク、トルク指向のため、高温域での粘度の安定性にこだわっています。

ガルフ エボには多種類の添加剤が使用されており、粘度指数向上剤に加え有機モリブデン系摩部擦調整剤が配合されました。そのため、シビアなアクセルワークにも瞬時に反応することができるようになり、全開アタックにも耐えることを可能にしています。

ガルフ ロードスター 5W-40

価格

7,600円(税込)/3.7L

性能

熱がこもりやすく、高温になりがちなマツダロードスター専用に開発されたオイルです。設計制度が高く、比較的オイル流路が細いことから固めのオイルでは冷間始動時にラッシュアジャスターにオイルが行き渡りません。

ガルフロードスターは高温・高せん断粘度を大きくする調整を行っており、それに伴い油膜強度も高まり、エンジン部品の摩耗が低減することができます。単純に低粘度のオイルを使用するだけではない、エンジン性能を引き出す専用オイルに仕上げることができました。

ガルフ アロー GT20(0W-20)/GT30(0W-30)/GT40(5W-40)/GT50(10W-50)

価格

1,447円~2,380円(税込)/1L

性能

ガルフ アローGTシリーズは超高粘度指数で蒸発性の高いPAOを使用し、200以上の高VIを実現しています。一般的なオイルと比較するとはるかに安定性に優れ、オイル消費を抑えました。

VI向上剤の使用により、レースでも実証された高せん断安定性で、高温時のエンジン保護を確実なものにしています。またVI向上剤は分子量のバランスに優れた特徴を持っていることから、寒冷時のエンジン始動にも大きな効果が期待できるでしょう。

ガルフ エコテクノ 0W-20

価格

1,361円~1,922円(税込)/1L

性能

0W-20指定車両のほか、アイドリングストップ車、コンパクトカー、軽自動車などに最適なオイルです。省燃費規格ILSACのGF-5とAPI SN規格をクリアした正式承認油です。オイルの省燃費性能と性能を維持する特性が0.5%向上しました。

ベースオイル作りの段階から省燃費オイルとして設計しているため、性能の劣化がしにくいものに仕上がっています。

触媒を攻撃する素材の低減を求めた新規格をクリアしているので、排ガスをクリーンにするオイル設計を実現しました。

ガルフ ストリーム ST20(0W-20)/ST30(5W-30)/ST40(5W-40)

価格

1,141円~1,169円(税込)/1L

性能

ST20は省燃費車両に向けて開発した低粘度指定専用油です。熱安定性の高い部分合成夕を使用し、ガルフ新技術であるFCAを組み合わせています。フリクションの低減と長寿命のほかエンジン保護性能に優れたオイルを作り出しました。

ST30はNA車両や軽自動車に最適なオイルです。またST40は大排気量のNA車、ターボ車に向けて開発されたオイルになっています。どちらもST20同様に新技術FCAが採用されており、爽快な走りを楽しむことができるでしょう。

ガルフ カレント CT(5W-30)/CT(10W-30)/CT(10W-40)

価格

1,080円~1,654円(税込)/1

性能

5W-30はAPI規格、ILSAC規格を同時にクリアした環境保護に対応しているオイルです。リーズナブルにガルフテクノロジーを体感することができます。低粘度オイルの省燃費性、清浄分散性、高温酸化安定性に優れた効果を期待できるでしょう。

10W-30はターボにも使用することのできる高性能オイルです。5W-30指定車両は走行距離が多く、シリンダー内の摩耗を十分の保護する必要があります。疲れがたまっているエンジンに活力を与えることのできるオイルです。

10W-40はスーパーチャージャー搭載車にお勧めできるオイルになっています。ベースオイルに高粘度志津宇基油であるVHVIを配合し、耐熱性を高めました。NA、ターボ車両にも適合します。

ガルフ K マイルド(5W-30)/ターボ(10W-30)/コンパクトK20(0W-20)/コンパクトK30(5W-30)

価格

2,956円~3,121円(税込)/3L

性能

全てのKシリーズは、API規格のSNとILSAC規格GF-5をクリアした高性能オイルです。Kマイルドは、低回転域から高負荷がかかる小排気量エンジンの特性を研究することで、最適なオイルを設計しました。耐久性を重視し、環境保護にも対応しています。

Kターボは、ターボ特有の低回転域から高温高圧に対応する条件を分析し最適なオイルを設計しました。その性能を維持する耐久性にもこだわっています。また、触媒の性能を下げる成分を排除しクリーンな排気を実現しました。

コンパクトK20は省燃費車両を対象に開発された低粘度指定専用オイルです。軽自動車やコンパクトカーに使用できます。

コンパクトK30は、部分合成油をベースにガルフ新技術FCAを組み合わせることで、フリクションの低減と高いエンジン保護性能を実現しています。軽自動ややコンパクトカー、ターボ車にも最適です。

まとめ

100年の歴史を誇るガルフ(Gulf)エンジンオイルは、モータースポーツとともにあるといえるでしょう。さまざまなレース参戦の中でも、ル・マン24時間レースでは、2連覇を達成する歴史的快挙を成し遂げています。

またガルフカラーに塗り分けられたポルシェを一躍世界に知らしめたことは言うまでもありません。レースで得た高い性能を持つガルフ(Gulf)エンジンオイルには、信頼できる証があるといえるでしょう。

レスポンスの良さを、エンジンの吹け上りをぜひ、ご自分で体感してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事