タイヤがぬかるみにハマった時の脱出方法【緊急時マニュアル】

車でお出かけの楽しい行楽地やお仕事で忙しい時に、ちょっと道をそれただけで思わぬ事態に!!

そうです、ぬかるみにタイヤをスタックさせてしまい焦ってしまうことはありませんか?そんな時、できるだけ速やかに車へのダメージもないように対処したいものですね。楽しい行楽や仕事に何事もなかったように戻れるように是非覚えておいてください。

1. タイヤがぬかるみにハマった!?緊急時に試したい脱出方法

1-1. 車の前後進を繰り返し、揺さぶって反動で出ることを試みてみる

まず、自力で脱出できるかどうかを試してみることが必要ですが、この時、注意しなければならないのが、空転を繰り返して余計にぬかるみを深くしてしまわないことです。

空転しない様にアクセル感覚に注意を払いながら前進、後退を繰り返し、車両を前後に揺さぶるようにして車輪前後の溝長さを確保して、その反動でぬかるみから出られないかを試してみることです。

もし、出られないと判断した時は、いたづらに繰り返すとミッションにもよくないので中止しましょう。

1-2. 近くに人がいれば手伝ってもらい押してもらう

なんといっても、人の力で押してもらうことが出来れば、大きな助けになります。もし、まわりに人がいれば、押してもらえるように頼んでみることです。

この時、車の機動力と人の押す力を最大限に活かすためにドライバーは窓を開け、アクセルの瞬間と人が力を入れる瞬間を同期させるために声を掛け合うことが大切です。押す人は、車両に力をかけ易い位置を選んで押します。

例:バンパーやリヤドアのガラスを下げてセンターピラー側の縦フレームを押すなど

1-3. 近くに他の車があればロープで引っ張ってもらう

人の力では脱出できない場合、近くに車両とその持ち主がいる場合、牽引してもらうことをお願いしてみましょう。

牽引手順

①搭載付属工具の中の牽引ボルトを取り出す

②バンパー左右にあるキャップを確認する

③キャップをマイナスドライバー等で外す

④牽引ボルトを取り付ける

⑤牽引ロープをかける

フック式の車両の場合

①バンパー下部の牽引用フックを確認する

②牽引ロープをかける

1-4. タイヤの前後に、周りで調達できるものを入れてみる

ぬかるみのタイヤの前後の隙間に木片・石・ブロック・タオル等をいれて脱出を試みる

1-5. ジャッキアップをしてタイヤの下にものを入れる

ジャッキアップができる状態であれば、ジャッキアップをしてタイヤの下に石、木材等を入れてぬかるみの深さを浅くして脱出を試みる

ジャッキのベース自体がぬかるみで安定しない状況であれば、丈夫な板やブロックを置いて、ジャッキが車両重量に耐えて安定するようにします。

1-6. タイヤ自体に突起を設ける

タイヤ上部に木片を乗せ、ロープをホイールの穴に通して木片を固定し、ゆっくり動かしてみる。

木片の厚さ、車内側の端末位置は車の他の部品に干渉しないか注意が必要です。

木の突起と横への長さがキャタピラーの役目を果たして、ぬかるに対して車量重量が分散されて脱出しやすくなります。

2. タイヤがぬかるみにハマった時にやってはいけない2つのこと

2-1. ハンドルを切らない

ハンドルを切ると余計に進行方向への抵抗が高まり脱出しにくくなりますので直進状態にしましょう

2-2. 空転をさせない

空回りをさせる土を掘り起こして、タイヤが余計に深く入ってしまい脱出が困難になり、最悪車両の腹まで道路に乗ってしまいます。

3. タイヤがぬかるみから出られない場合の解決策

3-1. JAFを呼ぶ

上記のいずれも不可の場合、JAFに連絡して引き上げてもらうことを依頼することになりますがJAFに加盟しているのと、いないのでは料金が異なりますので確認するといいでしょう。

JAFに加盟している方の連絡方法は、会員証及び適用規約が発行されていますので、常に携帯しておきましょう。

・JAFへ連絡前に確認しておくこと

  1. 対象車の現在地
  2. 車名、登録ナンバー
  3. 車体の色
  4. ご依頼内容
  5. JAF会員証の有無
  6. JAF会員番号

・JAFロードサービスへの連絡方法

TEL:0570-00-8139

3-2. 保険会社に連絡する

任意保険に加入している場合、保険会社に連絡してレッカー車を手配してもらう。ただし保険の契約内容により、別途料金が発生するので契約内容を確認する必要があります。

常にグローボックス内に保険証書を入れておけば、いつでも確認ができ、分からないことは電話で対応してくれます。

4. タイヤがぬかるみにハマる原因と予防策

4-1. 原因

車は、タイヤ接地面と路面との摩擦があって初めて駆動力が伝わり動くものなので、ぬかるんだところにタイヤがのると摩擦抵抗が無いので空回りしてしまうことが原因です。これは、雪の上でも氷の上でも同様です。

駆動輪側には、車が曲がるときに発生する内輪と外輪の回転差を吸収するためにデファレンシャルギヤーを介していますが、ぬかるみにはまった時には、このデファレンシャルギヤ―が不利な条件に働いてしまうのです。

左右両輪ともぬかるみにはまった時は別として、殆んどの場合、どちらか片方は、摩擦のある路面に接地していることが多いので、こちらに駆動力が伝われば、推進力を得られるのですが、このデファレンシャルギヤ―の特性である働きで、スタックしていない側のタイヤへは駆動力が伝わらず、摩擦抵抗の無い、ぬかるんでいる側のタイヤに駆動力が逃げてしまうのです。

それで、脱出しようとして、アクセルを踏み込むと、ぬかるんでいる側のみ空転して、増々状況を悪化させることになります。

4-2. 予防策

まず私たちが考えなければならない予防策は、なんといってもぬかるんでいるところには、乗り入れないという事です。やむなくぬかるんでいるところに進入しなければならないときは、駆動力ではなくて、進入前からの車の速さの慣性で通過できる程度のぬかるみかどうかを判断することではないでしょうか。

ぬかるみ深さの目安として、ホイールにかからない、ゴムの高さ以下ぐらいまでが限度でしょう。

5. 備えて安心!タイヤのぬかるみからの脱出ツール

もしもの時の為に、ぬかるみ脱出を助けてくれるツールが色々販売されていますので、それを搭載して出かけられることをお奨めします。

5-1. スタックラダー

スタックから抜け出そうとする側のタイヤとぬかるみの間に差し込み、車を前進させる事によりラダーに乗り上げて、ぬかるみから脱出するのを助けてくれるツールです。

ラダーがゴム製なのでので凸凹のいろいろな条件に適応できます。巻き式収納で専用ケース付ですので比較的コンパクトです。

5-2. スタックステップ

スタックから抜け出そうとする側のタイヤとぬかるみの間に差し込み、車を前進させる事によりステップに乗り上げて、ぬかるみから脱出するのを助けてくれるツールです。軽量、折り畳み式で場所を取りません。

5-3. スタックヘパー

スタックから抜け出そうとする側のタイヤとぬかるみの間に差し込み、車を前進させる事によりヘルパーに乗り上げて、ぬかるみから脱出するのを助けてくれるツールです。軽量で小型車に向いています

5-4. ハンドウィンチ

自力で脱出できないときに、強固な立ち木や、杭、または他の車両の牽引フックに片側のフックをかけ、もう片側のフックを車両の牽引フックにかけて、ウィンチのレバーを手動で動かし、ワイヤーを巻き上げてスタック車両を脱出させるツールです。

5-5. ハイリフトジャッキ

深いぬかるみに車両が沈み込み、車両の腹が地面に着いていてしまったときに、車両自体を上に引き上げるツールです。

下側のフックを車両の丈夫な部分に掛けて、長いレバーを上下に動かしてラチェット機構で引き上げます。専用フックを使えば、ホイール自体を引き上げられます。

5-6. タイヤチェーン

深いぬかるみでなければ、スノータイヤチェーンを部分的に掛けて使えば、脱出の助けになります。

5-7. その他

麻製南京袋、ござ、厚目の丈夫な板、角材等があれば代用になります。

6. まとめ

愛車でぬかるみにはまることは、いろいろな面で代償が結構大きいものです。楽しいはずの行楽の時間を奪われて、楽しさが半減したり、お仕事であれば、お客様や業務に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。心身ともに疲れますし、ましてや車にダメージを与えては経済的にも負担になります。

でも、これは注意さえしておれば、事前に防止できることです。また、そういう可能性のある所に行く場合は、それに見合った装備と、道具の用意をしておくことで回避できるのが、タイヤのぬかるみでのスタックではないでしょうか。