事故や犯罪の証拠として採用される可能性が高いドライブレコーダーは、近年、抑止力効果やいざという時のために購入する人が増えてきています。

ただし、自分で取り付けをする場合には、ドライブレコーダーの位置によって違法となる場合もあるので注意が必要です。また、いざ走行してみると取り付け位置が悪く映像として残っていない、または雨が反射して映っていないということも考えられます。

ショップで取り付けてもらう場合には、どの場所に取り付けるかを確認しておかないと、再生しにくかったり、ボタンを押しにくかったりなどの不都合が生じることもあるかもしれません。

そこで今回は、ドライブレコーダーの最適な取り付け位置を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの取り付け位置は法律(保安基準)で定められている

ほとんどのドライブレコーダーは車のフロントガラスに取り付けられています。しかし、ドライブレコーダーに限らず、フロントガラスへの装備品などの取り付けにはルールが決められています。基本的に、フロントガラスには余計ないものをつけてはいけないということです。なぜなら、ドライバーの視界を遮ってしまったり、安全面に支障が出ないようにするためです。

ただし、以下のように例外的にフロントガラスへの取り付けが認められています。

前面ガラスの上縁であって作用中心線と平行な鉛直面上のガラス開口部の実長の20%以内の範囲に貼り付ける場合にはこの限りではない

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示<第3節>第195条(窓ガラス)イ

つまり、フロントガラスの上縁付近であればドライブレコーダーを取り付けることができるということです。

例えばスズキ「ソリオ」にドライブレコーダーを取り付ける場合、フロントガラスの縦の長さは70㎝になります。開口部の実長20%以内ということは上部から14㎝以内に取り付ければ良いということになります。

また、フロントガラスに貼られている検査標章(車検シール)にも重ならないよう注意してください。

フロントガラスの取り付け位置

では、具体的な取り付け位置をお伝えします。それは、助手席側のバックミラー後ろの位置です。ここに設置している車を見かけることが多いのは、法令に則っているからだと理解することができるのではないでしょうか。

ただし、ドライブレコーダーの種類によってはバックミラーが邪魔になり、緊急時に録画ボタンを操作することができない可能性もあるため、購入時にはボタンの位置を確認すると良いでしょう。

もう一つ注意すべき点は、ワイパーで拭き取る位置に設置することです。雨天時には雨滴が視界を遮るためにワイパーを作動させます。ワイパーでウィンドウを拭き取らない位置にドライブレコーダーを設置すると、録画される画面には雨滴が付いたままで正確な録画ができなくなる可能性があります。

そのためワイパーで雨滴を拭うことのできる範囲に設置することが重要です。いざというときに使えなかったということにならないよう注意が必要でしょう。

注意点

ルームミラーにはメーカーや車種によって異なりますが、夜間に後続車両のヘッドライトが眩しいことを防ぐための「防眩ミラー」や降雨時にワイパーを調整する「雨滴感知」、スバルの「アイサイト」にはステレオカメラなどのセンサーが取り付けられていることがあります。

そのためドライブレコーダーの取り付け位置によって、これらのセンサーを遮ってしまう可能性があり、注意が必要です。自分の車のルームミラーをよく確認してみましょう。もしセンサーがついているようなら、センサーにかぶらない位置で取り付けを行ってください。

スポンサーリンク

リアカメラの取り付け位置

リアカメラの取り付け位置に関しては、フロントウィンドウのように保安基準が定められていないため、どこに設置しても問題はありません。つまり後方からの接触や、衝突の状況を正確にとらえることができる位置に取り付けることができれば、相手の故意や過失を立証する証拠の一つになり得るでしょう。

事故が起こってしまった場合正面から、あるいは後方からの接触のほか側面への衝突も考えられます。死角の少ない中央部へ設置すると視野角を維持することができます。

注意点

取り付ける際に注意すべきポイントをご紹介します。

リアワイパーのある車は、ワイパーの拭き取り範囲に設置する

これは、雨天の走行中に雨粒などが付いていると、カメラの画面が見にくくなるので、リアワイパーでガラスがきれいに拭われる範囲に取り付けたほうが良いからです。

電熱線の上に両面テープを貼らないようにする

熱によってカメラが損傷する可能性があることや、落下することが考えられます。また両面テープをはがす際に熱線を傷つけてしまう恐れもあるため、注意が必要です。

リアウィンドウにフィルムが貼ってある場合

フィルムの色によっては、正確な録画をすることが難しくなります。雨や夜間など、録画されたデータが見にくければ証拠として採用される可能性も低くなるかもしれません。リアウィンドウにフィルムが貼ってある場合には、カメラの部分だけフィルムを切り取ってから取り付ける方が良いでしょう。

ほかには運転席から見て、視界を狭める原因になっているような場所に設置すると重大な事故につながる可能性もあるため注意してください。

ダッシュボード上に取り付ける位置

多くのメーカーはドライブレコーダーの取り付け位置について、フロントガラスへの設置を推奨しています。その理由としては、より高い位置から撮影するほうが高角に撮影することができるからです。

ダッシュボードへの取り付けを検討している場合には、カメラから見て水平の高さになるため、ボンネットが邪魔にならないように取り付けなければなりません。ボンネットが映りこむということは、下部分の映像が取れていないことになり、事故を起こした時に状況を把握することができない可能性が高くなります。

注意点

『道路運送車両の保安基準の細目を定める告示』第21条<第3節>には運転席から見える運転者の視野について基準が設けられています。つまりドライブレコーダーをダッシュボードに設置したことで、ドライバーの視界を遮ってはならないということです。

前方や側方にどの程度のものが見えなければならないかというと、車両の前方2mの位置にある直径30㎝、高さ1mの柱が直接見えることを義務付けています。これを遮るように設置することは法律で禁じられているということです。

そのほかには、エアバッグの動作に影響を及ぼさないようにすることや、落下の危険性があるので外れないように設置することを念頭においてください。

ドライブレコーダーを取り付ける時は落下防止対策も大切

ドライブレコーダー本体を設置する際には、吸盤や両面テープが使われますが、落下しないように注意して取り付ける必要があります。

吸盤の場合は、吸盤自体に汚れや傷で変形したものがあったり、ガラス面に埃や汚れがあったりすると真空状態を保つことができません。吸着力を低下させないようにするには、吸盤もガラスも汚れを拭き取っておくことが大切です。

また、別売にはなりますがジェル状の吸盤シートやより強力な両面テープ、シリコンで圧着するものなどさまざまなタイプのものがあるので、試してみるのも良いかもしれません。

車検に落ちないようにドライブレコーダーの取り付け位置には注意しよう!

『道路運送車両の保安基準』の法律で決められている、フロントガラスの上部20%以内に設置していれば、車検に通ることはできます。しかしフロントガラスに貼られている検査標章(車検シール)に重ならないよう注意してください。

あおり運転による犯罪の影響で、近年増々ドライブレコーダーを取り付ける人が増えてきています。事故を起こした際の証拠や犯罪の証拠として適用される可能性も高く、何より抑止力効果も期待されています。

これからドライブレコーダーを取り付けるという方は、今回ご紹介したような注意点を守って正しく利用しましょう。

おすすめの取り付け場所は、助手席側のバックミラー後ろの位置です。検査標章(車検シール)に重ならないように気をつけましょう。

おすすめの記事