今回紹介する全労済は、営利を目的としていない組織で協同組合です。厚生労働省の認可を受けて生活を脅かすさまざまなリスクに対して、相互扶助の精神で保険の仕組みを作った共済事業です。

そして、出資金を支払えばどなたでも組合員になることができ、各種共済に加入できます。その中に自動車保険であるマイカー共済があります。

今回は、全労済のマイカー共済ロードサービスの特徴についてを紹介します。

<全労済のマイカー共済URL> https://www.zenrosai.coop/kyousai/mycar.html

スポンサーリンク

1. 全労済のマイカー共済ロードサービスの評判は?万が一の事故でも対応力は安心できる?

全労済のマイカー共済ロードサービスのいい評判、悪い評判についてまとめました。

マイカー共済を加入する人の多くは保険料の安さです。その安さに見合ったサービスなのか、それとも保険料以上のサービスなのかを確認します。

1-1. いい評判

  • 担当者の対応が親切で丁寧

加入して今までで2回 相手のがある軽微な事故を起こしてしまいました。その時の担当者事故対応が丁寧で大変安心ができるものでした。また、電話対応もとても親切でした。

  • ロードサービスが大変便利

照明の消し忘れによりバッテリーが上がったときにハンドルがロックしてしまい動かなくなったときにロードサービスを利用しました。

ロードサービスを電話で呼ぶときには面倒な手続きもなく現場へ急行していただけて、とてもありがたく感じました。

  • 事故での対応が迅速

走行中に隣車線からの車が前方不注意で突然割り込んできたためぶつけられました。その時の事故対応の早さに大変驚きました。

また、完全に相手の不注意による事故だったのですが、こちらも負担しなくてはいけない状況だったので、修理費用が安くまりました。

そして、指定の整備工場も多いのですが、近くの整備工場に持ち込めて助かりました。

1-2. 悪い評判

  • 問い合わせの電話のつながりが悪い

夜間、休日の事故で電話で連絡をとろうとしたときに電話がつながらずとても不安な日を過ごしました。

また、電話をしても担当者の不在や時間外ということでなかなか連絡がとれないことがありました。保険料が安くてもいざという時の安心感がないのでは保険ではないように思います。

  • 担当者からの連絡がない

信号で停車中に後続車に追突されました。相手の100%と悪く、相手の保険会社が全労済でした。

警察の事故処理後、担当者が決まり次第改めて連絡をするとのことでしたがまったく連絡がありませんでした。

追突をされた上に、全労済の対応もひどいのでとても不愉快な思いをしました。

  • 大手自動車保険会社に対してロードサービスの補償が劣る

大手自動車保険会社とのロードサービスに対して感じたことです。他の自動車保険会社ロードサービスにはいろんなサービスがあります。

例えば事故発生時の弁護士費用や旅行先で車両が故障した場合の宿泊の手配など、至れり尽くせりの内容がありますがマイカー共済にはこれらがついていません。

ロードサービスの補償内容が劣るように思います。

2. 全労済の自動車保険ロードサービスの特徴やメリットは?他社やJAFとの違いはどこにある?

全労済のマイカー共済ロードサービスの特徴を紹介します。他社やJAFと比べて違いがどこにあるかも合わせて説明します。

2-1. レッカーけん引距離が長くなりサービスが充実

2019年1月1日より、レッカーけん引距離が30kmから100kmにのびてサービスの充実が図られました。

JAFは15kmが無料で1km伸びるごとに720円加算されるためJAFよりお得です。また、他社と比べて差のない補償内容となりました。

2-2. 燃料切れによる燃料10リットルお届がお得

燃料切れ時にガソリン、軽油を10リットルまで届けてくれます。JAFで燃料代は実費のためお得です。また、他社も同様なサービスを実施しており差はありません。

2-3.脱輪、落輪の引上げサービスが無料となりサービスが充実

2019年1月1日より、側溝や道路外への脱輪・落輪等があった場合、クレーン等での引き上げ・引き出し作業が無料となりました。

JAFでは有料作業ですので大変お得です。また、他社でも同様のサービスを実施しており遜色のないサービスとなりました。

スポンサーリンク

3. 全労済の自動車保険の4つのロードサービス内容

全労済のマイカー共済ロードサービスにおける4つのサービス内容について説明します。

3-1. 自走不能な場合のレッカーけん引または積載車による搬送

故障により自力走行不能となり、なおかつ現場での応急修理(30分程度の修理)を行っても自力走行が困難な場合は、レッカー車を手配し、けん引距離は100kmまで費用は無料です。

3-2. 脱輪・落輪等による引上げサービス

側溝や道路外への脱輪・落輪等があった場合、クレーン車での引き上げ・引き出し作業が無料です。

但し、雪道・ぬかるみ・砂浜等でのスリップ・スタックからの引き上げについては、一部有料となる場合もありますのでご注意ください。

3-3. 現地にて実施可能な30分以内の路上クイックサービス

バッテリー上がりによるケーブルをつないでエンジンをスタートする作業、鍵を無くしたときの開錠作業(国産・外車のシリンダーインロック車の開錠)、パンクやタイヤの脱輪等によるスペアタイヤ交換作業等、現場での30分以内の作業費用が無料です。

3-4. 燃料切れ時のガソリン等のお届サービス

燃料切れによる自力走行不能の場合、ガソリンまたは軽油を10リットルまで無料でお届けします。

4. 全労済の自動車保険ロードサービスは使いやすい?事故時の連絡手段を確認!

全労済のマイカー共済ロードサービスの事故や故障での連絡手段について確認します。マイカー共済では事故受付とロードサービスの受付で連絡先が違います。

  • 事故受付の連絡先は、0120-0889- 24です。
  • ロードサービスの連絡先は、0120-889-376です。

事故受付もロードサービス受付も24時間365日対応可能です。

事故やロードサービス絡先の確認は、全労済のHPから「マイカー共済」を選び、「マイカー共済にご加入の方」をクリックすると確認ができます。

[事故受付のリンク] https://www.zenrosai.coop/kyousai/mycar.html

事故受付もロードーサービスの受付も24時間365日対応しているので大変使いやすいです。

5. 全労済のマイカー共済ロードサービスの注意点・デメリット

全労済マイカー共済ロードサービスを利用するにあたっての注意点や、デメリットについて説明します。

5-1. ロードサービスが利用できる回数

  1. 燃料切れによるガソリン・軽油の10リットルまでのお届けは、1共済期間1回まで。
  2. 自走不能によるレッカーけん引や積載車による搬送は、1事象につき1回まで。
  3. 脱輪・落輪等による引上げサービスは、1事象につき1回まで。
  4. 現地にて実施可能な路上クイックサービスは、1事象につき1回まで。

5-2. ロードサービスの費用(無料・有料)

  1. 燃料切れによるガソリン・軽油のお届は10リットルまで無料です。それ以上は有料となります。
  2. 自走不能によるレッカーけん引は100kmまで無料です。100kmを超える場合は100km以上の分から有料となります。
  3. 脱輪・落輪等による車の引上げにかかるレッカー等の費用は無料となります。但し、雪道・ぬかるみ・砂浜等でスリップによるスタックでの引上げに関しては有料となる場合はありますので確認をお願いします。
  4. 現地にて実施可能な路上クイックサービスについては30分以内であれば無料です。30分を超える修理作業は有料となります。

5-3. 事故のときの示談交渉サービス

マイカー共済の損調サービスセンター担当者が示談交渉を含め事故解決までのお手伝いをします。

※マイカー共済の損調サービスセンターは原則として損害賠償責任の発生する示談交渉を行います。

5-4. 全労済のマイカー共済ロードサービスのデメリット

全労済のマイカー共済ロードサービスのデメリットは、口コミ・評判で多く見受けられる電話での連絡がつながりづらいと言われています。

そのため、事故が発生したときに保険会社と連携ができない不安があります。地域や担当者による差が口コミ・評判に表れているとは思われますが、契約前の確認が充分に行ってください。

6. 全労済のマイカー共済ロードサービスの評判・選び方まとめ

全労済のマイカー共済は他の大手自動車保険会社に比べて保険料の安さが一番の魅力です。

その保険料が安いためにロードサービスの内容他社に比べて劣るのかというとそういうわけでもないため大変お得な自動車保険です。

但し、口コミを確認すると、大手自動車保険会社に比べて事故での示談交渉での部の悪さや、事故対応の遅さを指摘する契約者もいます。

これは担当者による差が大きいことも考えられますので保険契約のときには担当者に確認することをおすすめします。

車を所有すれば自動車保険は必ず必要です。車を一度所有するとなかなか手放せなくなってしまいます。

そのため自動車保険とは長い付き合いとなります。長い期間払う保険料、できるだけ安くすませたいと誰でも思います。そんな時こそ、全労済のマイカー共済をご検討ください。

おすすめの記事